自宅サロン開業サポートコースについて

2018-09-28

自宅サロンを開業したい、何か自分の手で稼ぎたい、人を癒したい、キレイになってほしい。
などなど、自宅サロンを開業したいという方のために、開業までのサポートをさせていただくコースです。

自宅サロン開業サポートメルマガ会員募集!自宅サロンで楽しく働きたい、私らしく稼ぎたい、美容のお仕事に興味はあるけど何から始めたらいいのかわからない…

そんな方のサポートが出来るようなメルマガをスタートします。

お気軽に登録してください。

◎ご登録はこちらのフォームにご記入ください◎

開業前に考えなくてはいけないことは、何を準備しなくてはいけないのか?
まずは開業までを順序立てて考えてみましょう。

  • 準備する備品一覧
  • サロン内装のアドバイス
  • サロン名、コース名、料金設定を考える
  • ブログ他SNS活用サポート、どんな記事を準備してスタートしたらいいのか?
  • パンフレット、名刺、チラシ作りのサポート
  • 自宅サロン開業前にそろえるべき資料一覧
  • 美容メーカーとの取引の仕方、決め方サポート

ただやみくもにスタートするのではなく、しっかりと準備を整えた方が流れもスムーズなはず。
不安なくスタートするためにも、しっかりとした準備をしてはいかがでしょう。

サロンオープン前の6ヶ月間を、技術以外のソフト部分の準備期間としてとらえると良いと思います。
その間、1ヶ月に1度実際にお会いして必要なことをお伝えし、次のお約束までに課題(ご自分で準備すべきこと)を用意する流れです。

例えばどんなことを教えてくれるのかな?と言いますと、

・自宅サロンの広さはどれくらいあった方がいい?
最低6畳の広さはあった方が良いです。
エステベッドが90×180ほどなので、もう少し幅広のベッドを置くとしても6畳はないと、ベッドの頭の上にエステティシャンが椅子に座って作業をするので広さが必要です。
また、ベッドサイドにワゴンを1つおけるスペースがあると余裕が出ます。
5.5畳とかですとかなりの圧迫感ですので、ご参考ください。

・自宅サロンにあった方が良い設備
お部屋の中に洗面台があったらベストですが、多分自宅サロンですと厳しいかな。
できればお部屋の近くに洗面台やシンクがあればベストです。(何かと手洗い、スポンジを洗ったりするのであまりお部屋から遠いとお客様放ったらかしになっちゃいます)

そして、エアコン、ホットキャビ(ホットタオルを作るウォーマー)、音楽を流す設備、鏡台(姿見タイプでも、メイク直し用でもいいので大きめの鏡は必要)など。

まずは色々と妄想してみると楽しいと思います。
『こんなお客様に利用していただきたいな?』まずはそこから、ワクワクした気分になるような妄想をしてくださいね。
ご参考ください。

【自宅サロン開業サポートコース】
全6回(6ヶ月間) 1回2時間 216,000円

◎お申し込み・ご相談はお気軽に◎

24時間受付中の相談フォームをご利用下さい