アドバンスコースにはなぜ面談があるのか?

アドバンスコースにはなぜ面談があるのか?

それは、こちらのコースで習得していただく技術には「向き・不向き」があるからです。
というのも、アドバンスコースで習得できる技術は、私のオリジナルテクニックでイボやシミ、脂肪の塊や白ニキビ、ブラックヘッド(コメド)と呼ばれる毛穴の汚れなどのケアーになります。

これらのトラブルを、傷を残さず丁寧に改善できる方法をお伝えするのですが、この技術にはとても性格が関係するのです。
性格というと語弊がありますが、あまりにも熱中(熱心)な方、加減ができない方、力が入ってしまう方、周りをみようとしない方、この技術を理解しようとしない方には不向きなのです。

文字にするとすごく誤解されやすいのですが、慎重さと用心深さ、ある程度の中途半端加減を理解できないとトラブルを起こしかねないのです。
そのあたりを事前面談でしっかり説明しますので、理解できる方のみ受講可能となります。

私自身、このテクニックはとても簡単でどなたでも習得可能だと思うのですが、簡単なだけに「やり過ぎ」てしまうのです。
「やり過ぎ」てしまうことで、お肌にストレスをかけてしまったり色素沈着を引き起こしてしまったりしかねません。

それって本当に避けられるリスクなので、できれば経験してほしくないのです。
しかし、親切心があだになるという言葉があるように、「早くキレイになってほしい」と加減ができない方(ある意味、良い人ではあるのですが)は、こんなトラブルを引き起こす可能性が高い方は受講を諦めてもらう場合があります。

また受講した場合も、習得後できるだけフォローアップ会員になっていただいて、継続的にアフターフォローさせていただければと思います。
それも、習得後帰宅してしばらくすると、「自己流」という技術になってしまいがちです。

「自己流」がすべて悪いわけではありませんが、本当の意味で自分の技術・テクニックで身についていない期間は、この「自己流」がまた別のリスクを引き起こす場合もあるからです。
できれば生徒さんには、どんなトラブルも経験してほしくないのです。
私の経験上、避けられるトラブルは経験してほしくないのです。
しかし、スクール受講時からこれらのトラブルもすべてお伝えできればいいのですが、そういうわけにはいかないからアフターフォローとしてフォローアップ会員になっていただければその都度説明できますし、どうしてもわからない場合は可能な限り出向いて技術チェックすることも可能なわけです。

ぜひベーシックコースやエステプロコースを卒業された方は、アドバンスコースの受講もご検討くださいね。
機械を使わず、腕一本でお肌のお悩みを解決できるテクニックを手に入れてほしいと思ってます。

そうそう、この機械を使わずってところがポイントです。
そのことにつきましては、別の記事でしっかり書かせていただきますね。

★ベーシックコースとエステプロコースのモニター生はまだまだ募集しています。

スクールの申し込み・質問はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA